クリエイティブな企業家ならレンタルスペースをこう使う!

>

企業ならではの強み

製作に関わる2種類の仕事

大抵の人はクリエイティブな仕事と聞いただけで、その仕事内容の大筋をイメージすることができるかもしれません。
それだけ「クリエイティブ」という言葉は便利なもので、その一言の中にものづくりに関する様々な分野の仕事が集約されているということがお分かりいただけるのではないでしょうか。

「クリエイティブな仕事」についてもっと具体的に見てみると、直接手を動かしながら何かを作り出していくクリエイターと呼ばれる職種と、制作に関する全体を見渡しながら作業を円滑に進めていくために総括する立場のディレクターという職種とに分かれているようです。
無から新しいものを作り出していくクリエーターには細部にまでこだわる性格であったり想像力の豊かな人が向いているといいますし、ディレクターであれば製作現場を和ませたり、人間関係を円滑にすることができるようなコミュニケーション能力があるといいようです。

クリエイティブな仕事の種類とは?

人々の衣食住に関わるクリエイティブな仕事と言えばまず、建築士やファッションデザイナー、料理研究家などが挙げられます。
流行りすたりはあるものの、生活の根幹に関わるこれらの仕事に対する需要はいつの時代であってもなくなることはないでしょう。

現在は物であふれている時代ではありますが、人々は研究を重ねて便利に暮らすことを目標とした様々な商品を開発し続けています。
そうやって新商品を開発する仕事や、それらを告知するためのグラフィックを製作する仕事、今や欠かせないWEBサイトを製作する仕事などもクリエイティブな仕事と言えると思います。

また、実際に手に取ることはできなくてもお祭りや様々なイベントといった空間を演出する仕事もクリエイティブな職種と言えるのではないでしょうか。
新郎新婦のイメージを形にして結婚披露宴の演出をするウェディングプランナーはその代表的な職業だと言えそうです。


この記事をシェアする